基板関係のビューア、コンバータツール

プリント基板を設計していると、どうしても必要になってくるのが

  • ガーバービューア
  • DXF、その他フォーマットのインポート、エキスポートツール
  • 上記データやり取りが出来ない場合のデータコンバータ

です。 KiCadのエクスポート機能については、DXF、HPGL、Postscript、VRMLに対応しています。

また、KiCadには「Gerbview」というガーバーデータのビューワが含まれており、RS-274X形式のガーバーデータ、Exellonドリルフォーマットを読み込んで表示する機能、また読み込んだガーバー、ドリルデータを基板データとしてインポートする機能があります。

ですので、自身で吐き出したガーバーやドリルデータの確認は可能ですが、その他のデータのインポートはツールが必要になります。インポートツールも追って紹介していきます。

(注)他の基板設計ソフトで作成したガーバーデータについてGerbviewで何処までコードに対応しているかは未検証です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA