Kicad次期バージョン確認中

Kicadの次期バージョンのRC版が公開されている。(4.0版リリースに伴い公開終了)
大きな違いはPcbCalculatorという設計支援機能が追加された事だ。
kicad_pcb_calculator
レギュレータのVrefと抵抗値の選定やストリップラインなどの伝送線路の設計、パターンの温度上昇やいくつかの参考資料も載っている。今までシミュレーションソフトやサイト、電卓を行き来していたのがずいぶん楽になると思う。
他にも、基板エディタPcbNewでは部品作成時にフットプリント内部にNPTH(メッキ無しの穴)を設定できるようになっている。
以前は基板外形層で円入力するしかなかったが、基板を描く人もガーバーを受けとって編集する人(基板屋さん)もずいぶん楽になる。
どんどん進化するのがKicadの良いところだと思う。


コメントは受け付けていません。